1J9A1659

ずっとファンでいてもらいたい。
「記憶で繋がる」カルテ
IJK OMOTESANDO カワイミオさん

『ネット予約』機能でお客様によりファンになってもらえた。

『LiME salon』の導入でどこにいても予約表を確認できるように。

『カルテ共有』はサクッと写真を撮って100%のお客様に共有。

カワイミオ

IJK OMOTESANDO 副店長
表参道の一角にお店を構える美容室「IJK OMOTESANDO」副店長。
年間1500名以上に小顔矯正を施術。小顔に導くことが出来る美容師として話題に。
あなたにとって、最高で完璧でいてほしい。男性や他人のためではなく(そんな日もちろんあってもいいけど)自分だけのために、完璧に美しく。だって自分の身体は自分だけのものだから。
小顔に導くヘッドスパ筋膜矯正、髪をぷるんぷるんにする縮毛矯正、小顔&頭の形を美しく見せるカット、髪を美しく見せるカラーで最高で魅力的なあなたになる為に存在する美容師。
現在ランジェリーの魅力を伝えるため、SNSでの発信と共に販売に漕ぎ着けるよう日々邁進中。

"ネット予約"で
お客様がよりファンに
1J9A1525

────ネット予約を導入したキッカケは何だったのでしょうか?

約一年前に上京をしてIJKで働き始めました。

その時に「集客サイトに頼らず生きていきたい」という強い意志があり、SNS発信を強化していったんです。

有難いことにSNSを見てご予約を頂くことが増えたのですが、メッセージでの予約管理が思ったより大変で…

1J9A1642

一日に数十件、ひとりひとりに時間の提案とメニューのヒアリングをしていると仕事後のプライベートの時間は無くなり、毎日深夜の2時くらいまで対応に追われていました。

そんな時、LiMEが予約機能を始めたと聞いて藁にもすがる気持ちで導入しました。

1J9A1591

────ネット予約機能を使い始めて変わった点はありますか?

今、登録のお客様が800名位なのですが、以前はメッセージのやりとりの負担とプレッシャーが大きかったです。

女性美容師としてお返事や気づかいなど「一件一件丁寧に」という意識はあったのですが、夜遅い時間にお返事をすることになってしまったり、お客様に迷惑をかけてしまう時もありました。

マンツーマン接客がゆえ、営業中は隙間が無いので即対応できないのも歯がゆくて。

そもそもSNSでの集客を頑張っていたのに、メッセージの返信に追われてSNS発信をする時間が無い…

という本末転倒な結果になってしまいました。

1J9A1536

LiMEを導入してからは、お客様は24時間いつでも予約申し込みを送れますし、空いている時間も一目瞭然なのでとても楽になったと言って頂けます。

以前はライン@で空いている時間を手で打って一斉送信していたので、お客様もそれを見ながら自分の予定と照らし合わせて…と、お客様にも一手間掛けさせてしまっていたなと思います。

私としても、ダイレクトにポンっと予約が入ってくれるのはとても効率が良く、本当に助かっています。

何より沢山の時間が生まれました。

────時間が生まれたことで、よかったことは何ですか?

まずSNS発信は毎日欠かさず狙った時間に行えるようになり、本来やりたかったことが出来ています。

さらに、今までは出来なかった「お客様との個人的な相談」をメッセージで行えるようになりました。

より深い相談や、ファンになってもらえる時間を作れるようになったのは大きいですね。

あとは、プライベートの時間も少し取れるようになったと思います。

"LiME salon"で予約表共有
1J9A1599

────サロンでの予約の共有はどのようにされていますか?

受付にある大きなパソコンで、LiME salonを使って予約共有をしています。

ホットペッパーで予約受付しているスタッフもいるのですが、結局サロン全体で見やすいのはLiME salonなので、全員打ち込んでそちらで共有しています。

────便利だなと感じる点はどういったところですか?

まずは、見やすい点です。

予約がメニューによって色分けされているので、次に来るお客様や他のスタイリストのお客様のメニューも瞬時に把握できます。

さらに施術時間も設定できるので、終わる時間が分かるのも便利です。今の時刻も予約上に赤線で表示されるので、リアルタイムの混雑状況が把握できて助かっています。

もう当たり前になってしまっていますが、紙の予約表のゴチャゴチャ感には戻れないですね。

1J9A1551

もう一つは、外にいてもスマホで予約表が見れる便利さです。

以前は自分が休みの日、お店に電話をして予約表を確認してもらったり、お店が忙しそうな時は気を使ってわざわざ店に予約表を見に行く…なんてこともありました。

今はスマホ1台、アプリ1つで済んでしまうのでストレスがなくなりました。

"ランジェリー美容師"として
1J9A1458

────なぜ、ランジェリー美容師だったのですか?

お客様に対して“すべてのことができる美容師でありたい”というモットーがあります。

もちろん最初はカットだけでしたが、小顔矯正を習得してからもっと喜んでくださるお客様が増えました。

今後考えているのはお尻を小さくするなどのボディケアや、メイク、ファッションなど。

「私という存在がお客様に対して何ができるか」をもっと突き詰めていきたいです。

ランジェリーファッションが好きな私にしかできないアプローチの手段として、このキャッチを取り入れています。

1J9A1503

────周りの方からの声や、反応はいかがですか?

ありがたいことにSNSでの反応が多く、それを見て来て頂くお客様が多いです。

「ランジェリー美容師さんって何だろう?」という入り口から、ヘアスタイルや小顔矯正の効果などを深掘って見てくださるそうです。

発信の面白い点は、発信するだけ初対面感がなくなるという点です。

SNSから来てくださったお客様は、ご新規様でも「私がどんな人か」ということも「得意な技術」も知った上でいらっしゃっているので、全く壁が無い状況からコミュニケーションが始まっていきます。

取り繕って会話をすることは一切無いです。

SNSで私を見つけてくださったお客様に手間が掛からないよう、毎回LiMEの予約用URLを貼って発信するようにしています。

1J9A1614

────SNSで出会えたお客様へ、アフターフォローは何をされていますか?

「カルテ共有」機能を使って、写真の共有は100%のお客様としています。

これは元々メッセージ予約の時代からやっていたのですが、今はカルテ共有でパッとできるのでとても楽になりました。

────写真共有を全員の方とされる意図は何ですか?

まずお客様のメリットとして、予約しようと思った時に、今までの髪型が振り返れるのはとても便利だと言って頂けます。

口コミで「どんどん髪の毛が綺麗になっていく経過が見れて嬉しい」とも言って頂けました。

さらに私が意図することは「記憶として」という点です。

写真を残すと必ず記憶に残ると思っていて、「こんな風にキレイにしてもらった」というポジティブな印象が再来に繋がるんです。

本当に発信を頑張った結果いまのお客様と出会えているので、ずっとファンでいて頂きたいですし「ずっと私が綺麗にするから」という想いで美容師をやっています。

他へ行ってしまって、望まないスタイルになって帰ってくるお客様も見ているので、そういったリスクを減らす為という理由もありますね。

1J9A1581

────写真共有のこだわりはありますか?

写真の加工をしないことです。

今はアプリを使って撮影をすることが主流だと思いますが、私はiPhoneの標準カメラ一本です。

理由は「ありのままを伝えたい」から。

加工してなくてもこのクオリティで、こんなに綺麗になっていますよというのを伝えたいと思っています。

写真を毎回撮ることへのハードルは高く見られがちですが、120%こだわって撮るというよりはサクッとそのままお客様を写すだけなので時間も掛かりませんし、加工は自分好みがあるので、後からお客様でして頂く方がベターかもしれません。

────これからLiMEを導入したい美容師さんへ、メッセージをお願いします!

LiMEというアプリを一つ使い始めただけで、「自分の時間が増える」「予約の管理が楽になる」「お店の状況や席数の兼ね合いも分かりやすくなる」「写真共有がより手軽」…挙げればキリがないですが、自分にとっても、お客様にとっても良い部分が沢山あります。

“絶対使った方が良い”と断言できるアプリです!

1J9A1670-2
  • LiMEの活用方法についてわかる!
  • 予約機能の使い方についてわかる!
  • いつでも気軽に相談できる!



LiMEを使うユーザー同士で
「便利な機能」や「使ってみた体験談」などを
自由に投稿し合える、
Facebookグループがスタートしました!