美容室開業で失敗しない!資金や年収•勉強すべきことは? | 美容室の顧客管理ならLiME(ライム)

美容室開業で失敗しない!資金や年収•勉強すべきことは?

美容室を開業!って何を準備するんだっけ…

売れっ子スタイリスト
ついに夢の自分のお店をオープンさせるぞ!!

売れっ子スタイリスト
お店の名前はなににしようかな…

売れっ子スタイリスト
って…そういえば手続きとか何やればいいんだっけ…?

 

自分の店を持つというのはとってもワクワクしますよね!でもその前にやらなければならないことが沢山あります。

美容室を開業する上で避けては通れない道のりですので、難しいことも多いですが1つずつ分かりやすく説明いたします。

これからサロンを開業される方

開業を本格的に視野に入れている方

上記に当てはまる場合、立ち向かわなければならない壁がたくさん出てきます。

少しでもスムーズに乗り越えられるよう、わかりやすくご説明いたします。

 

売れっ子スタイリスト
開業といえば、書類関係ですよね…苦手です。。
書類関係はもちろんですが、あなたは一人の経営者になります。

LiME
経営の勉強も始める必要があります。

LiME

売れっ子スタイリスト
【書類は何が必要なのか】・【何を勉強した方が良いのか】教えてください!!

LiME
まずは書類から説明していきますね!「知ってるよ!」という方は次の段落まで飛ばしてくださいませ!

 

需要急上昇中LINE予約“美容師版”開発しました。

今だけ無料体験できるようにしています。

 

美容室開業までの8ステップ

0A5B8536-98F6-4E00-A8C4-58705CCAB32F

step
1
事業計画を作る

美容室を開業するとなると、“どんなお店にするのか?”いわゆるコンセプトをはじめに決める必要があります。

それが決まれば次は出店エリアとサロンコンセプトの相性を考えて、いくつかのエリアに焦点を当てて、

 

“すでに同じような美容室が出店していないか?”

“エリアの雰囲気と目指すサロンの雰囲気はマッチしているか?”

“年齢に性別、どんな人が多く住んでいるのか?”

 

などの調査に入ります。

いくつかのエリアで同じ調査をし、もっとも相性が良いと感じた場所を選ぶと良いでしょう。

 

売れっ子スタイリスト
ここは自信あります!コンセプトも場所もある程度決まっているので。
素晴らしいです!!では次は事業計画について考えていきましょう。

LiME

 

ある程度のコンセプトとエリアが決まれば、次は本題の事業計画です。

ここは本当に重要です。本気で美容室経営をお考えであれば外注先に“丸投げ”しないことを心からお勧めいたします。

アドバイスや制作を代行してもらうのがダメというわけではなく、“丸投げはやめた方が良いですよ!”というお話です。

 

事業計画は、今考えているビシネス設計を明確に“見える化”して方向性を共有するためのものというだけでなく、

不足している金額を補うための融資を受ける際の説得材料として

「どのような事業を何のために進めようとしているのか」

「この事業によって何ができるか」

を伝えることができ、大変重要な役割を果たします。

 

売れっ子スタイリスト
売上はあるので店が潰れるとかの心配は絶対大丈夫な自信があるのですが、それでも必要でしょうか?
はい。それを他者に証明するために見える化する必要があるのです。

LiME

口頭だけで事業計画のまとまったコミュニケーションをとるのはかなり難しいことではないでしょうか。

自分だけでなく、双方のために事業計画書は必ずご自身でも考えるようにしましょう。

 

一人で全部やれというわけではなく、他者からアドバイスをもらいながら自分で考えて作り上げるイメージです!

LiME

 

具体的には、【開業の動機やオープン予定サロンのコンセプト、どのようなサービスを提供するか、薬剤などの仕入先、開業後の売上の見込みやいつまでに黒字化する予定なのか】といった情報を明記しましょう。

 

step
2
物件を見つける

コンセプトや狙うべきお客様の層などが固まってくれば、実際に店舗を構えるための物件探しが始まります。

売れっ子スタイリスト
どうやって探せば良いのでしょうか?
コンセプトと狙っているお客様の層にふさわしい店舗を探していくとスムーズに候補地を挙げることができます。

LiME

売れっ子スタイリスト
というと…?

 

まずはネット検索でいろんなエリアの情報を調べて、気に入ったエリアの物件情報をネット検索でしっかりとリサーチすることから始め、ある程度の物件をピックアップすることができたら実際に足を運んで下見を行っていきましょう

ついでに実際に周辺を練り歩くことで思わぬ物件と運命の出会いを果たすこともあります。ネットだけで探すのではなく、実際に歩きながら探すことで、そのエリアの雰囲気や歩いている人のテイストなど、五感を通じた物件探しをすることができます。

 

売れっ子スタイリスト
なるほど。。確かにネットだけで見るよりも、実際に足を運んで周辺を散策した方が良さそうですね。

 

気になる物件は必ず現地に足を運び、実際の店舗の内部についてもよく見ておく必要があります。意外に多いのが水道が美容室向けでなく、シャンプー台のシャワーの水圧が弱いというトラブルです。

加えて店舗へのアクセスのしやすさを確認することも大切です。

「近くに狙っている客層の方が集まっている場所があるか」

「駅からの距離はどれくらいか」

「人口分布はどのようなものか」

などを時間帯に合わせて自分の目で確認するようにしましょう。

 

step
3
資金調達(自己資金のみの場合は不要)

事業計画や物件などがある程度定まれば、何を買う必要があるのか・物件の取得にいくら必要なのかなど、開業に必要な資金が見えてきます。

それだけでなく、開業後にも毎月の家賃や材料費や水道光熱費など、細々と積み重なるコストが発生してきます。

それらを事前にメモやノートに書き出し、どのようなお金の流れ・出費になるのかを事前に想定しておくことが重要です。

 

必要な金額がわかったら、次は資金調達方法についてです。

LiME

自己資金で開業〜数ヶ月資金ショートしないほど余裕がある場合は融資をしてもらう必要はありませんが、ほとんどの自己資金では足りない場合は日本政策金融公庫の融資制度の活用や、銀行からの融資を打診することになります。できる限りで様々な方法を駆使して資金を調達しましょう。

日本政策金融公庫総合研究所のページが参考になるので掲載させていただきます。

2019年度新規開業実態調査|日本政策金融公庫総合研究所

 

step
4
店舗の工事

店舗の工事を行う際は、事前に考えておいたサロンのコンセプトや具体的なデザインとなるべく一致するような内装に仕上げられるよう、業者の方と相談することが大切です。

 

ですが…

 

内装はこだわればこだわるほど費用がかさむので、工事で作るというよりかは、極力シンプルな内装で、小物などを活用しておしゃれな空間を演出するとグッと費用を抑えられます。

工事の内容をあまり明確にしないまま工程を進めてしまうと、完成してからイメージと違う店舗になってしまうリスクがありますし、余計な費用が発生してオープンした矢先に借金地獄になりかねません。

できるだけ費用は抑えて、【工事に何円かかるのか・何円まで予算を組むのか】は必ず明確にしてから進めましょう。

 

LiME
ここで重要なポイントがあります。

 

工事については換気設備や消毒設備など、保健所や消防署の規定をクリアしなければお店をオープンすることができません。

工事を始める前に基準についてはよく確認しておき、工事業者に確認しながら施工を進めましょう。

 

step
5
人材採用

サロンの規模感によっては人材の採用が必要になってきます。人材確保の方法としては人材紹介系のウェブ媒体を利用して求人を掲載する方法などがありますが、そういった経路での採用には費用が発生します。

ほとんどの人材紹介会社(エージェント)では、美容師の場合1人あたり約30万円の報酬を設定しています。

 

もし、人材の確保を全て自分で行いたいというのであれば専門学校に自ら足を運んで営業に行ってみるという方法もあります。

他にもSNSを利用されているのであれば求人広告を打って問い合わせを獲得する方法など、多岐に渡ります。焦らず、よく見極めて慎重な採用を心がけましょう。

 

step
6
保健所・消防署での手続き

営業の許可を得るために以下の書類を保健所に提出する必要があります。

保健所への提出物

  • 開設届
  • 構造設備の概要
  • 施設の平面図
  • 従業者名簿
  • 医師の診断書

許可を得るためには様々な条件を揃えておかなければなりません。

備品の材質など、細部まで確認されることになり、引っ掛かれば修正しなければ営業の許可は降りません。

内装工事や設備工事を行う前に、あらかじめ保健所へ相談して確認を取っておくことが大切です。

ほかにも消防署の消防検査を受ける必要があります。

内装や外装の工事を消防署の定める基準を満たすように進めなければならないので、工事業者や管轄の消防署に確認を取りながら進めていきましょう。

 

step
7
あともう少し!税務署で開業届の提出

美容室として開業するためには開設届を税務署に提出することが必要ですが、こちらは開業前に必ず出す必要のあるものではなく、

基本的に開業後1~2ヶ月以内に、開業届等の書類を税務署に提出する必要があります。提出が必要になることが多い書類は以下の通りになります。特に青色申告は必須と言えるでしょう。

  • 個人事業の開廃業等届出書(開業届)
  • 青色申告承認申請書(青色申告する場合)
  • 給与支払事務所等の開設届出書(従業員を雇う場合)
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(従業員を雇う場合)
  • 所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書

提出する書類は開店する従業員がいるかどうかでも変わってくるため、詳しくは税務署に問い合わせるとよいでしょう。このうち「青色申告承認申請書」を提出することによって確定申告の際に青色申告ができるようになります。

売れっ子スタイリスト
青色申告って何ですか?
2021年時点では55万円の所得控除、オンラインでの申告(電子申告)では65万円の所得控除が得られるものです。

LiME

売れっ子スタイリスト
所得控除とか申告とかよくわからないです…。

青色申告を簡単に説明すると…

商売で出た利益からカラー剤を購入した金額などを差し引いた金額に対して税金が発生するのですが、

利益からカラー剤などを購入した金額を引くだけでなく、

おまけに65万円も差し引いてくれるというありがたい仕組みです!

【500万円の利益】ー【50万円の薬剤等の購入費】ー【65万円(青色申告)】

→385万円に対して税金が発生。

▼青色申告がなければ…

450万円に対して税金が発生します。

 

簡単な説明なので書ききれていないことの方が多いですが、他にも色々な金額が利益から差し引かれます。詳しくは“課税所得 計算”などで検索するか、税理士さんにご相談ください

また、県民税や市民税などの手続きのために都道府県税事務所市町村役場窓口にも開業等届出書を提出する必要があります。詳しくは開業する地域の自治体に問い合わせましょう。

国税庁のページが参考になりますので以下に掲載させていただきます。

新たに事業を始めたときの届出など|国税庁

 

step
8
ラスト!労働保険関連の届出

従業員を雇用する場合や法人を設立している場合は、雇用後や開業後に年金事務所やハローワーク、労働基準監督署にも届出が必要になります。

売れっ子スタイリスト
届出ばっかり…。こういうの本当に苦手なんですよね…。
難しいですが、経営者への道のりと思ってなんとか乗り越えましょう!

LiME

※雇用する人数によっても提出する書類が変わります。ご注意ください。

届け先 提出する書類
年金事務所
(健康保険・厚生年金の加入)
  • 新規適用届出
  • 被保険者異動届
  • 被保険者資格取得届
  • 事業主の世帯全員の住民票(個人事業主の場合)
  • 履歴事項全部証明書又は登記簿謄本(法人の場合)

※法人は提出必須。個人事業主は従業員5名未満の場合、任意となる。

ハローワーク
(雇用保険の加入)
  • 適用事業所設置届出
  • 被保険者資格取得届

※従業員を雇用する場合は提出必須。

 

労働基準監督署
(労災保険の加入)

  • 保険関係成立届
  • 適用事業報告
  • 就業規則届(従業員が10名以上の場合)

※従業員を雇用する場合は提出必須。

 

売れっ子スタイリスト
うわぁー。本当に書類だらけですね。。

売れっ子スタイリスト
お金払って全部外注してしまいたいです…。
その気持ちは本当によくわかりますし、共感ですが、ご自身でされることをお勧めします。

LiME

売れっ子スタイリスト
なんでですか?
美容室経営の“アウト”の基準がよくわかるからです。

LiME
美容室を開業するにはどんな許可を得る必要がありますか?

LiME
もしその許可を無視していたらどうなりますか?

LiME

売れっ子スタイリスト
・・・。
とはいえ全部ご自身で解決するのは大変ですので、税理士や社会保険労務士などの専門家に相談しながら進めると、安心して開業に向かえます。

LiME

LiME
全部一人でやろうとすると時間がかかるので、人の力を借りて一緒に作り上げるのも手ですよ!

 

美容室の開業には多くのステップがあり、税務や労務周りの手続きはデスクワークの機会が少ない美容師にとって、ハードルが高く感じるかもしれません。

どこに依頼するかで迷う場合には、美容室の開業は少し特殊ですので、美容室の開業支援の経験があるかどうかを基準に選ぶことをお勧めします。

 

美容室の開業資金はどれくらい必要?

E279DCBE-D7DA-4B22-9099-A3BA40F79FE3 2

ネットで調べると一般的には1000万円〜2000万円といった情報が多く目につき、内訳としては

  • 内装、外装工事費・・・50%
  • 什器、備品等購入費・・18%
  • 運転資金・・・・・・・18%
  • 物件取得費+家賃・・・14%

 

くらいになっていることが多く、

仮に費用が1000万円だとするとそれぞれ

  • 内装、外装工事費・・・500万円
  • 什器、備品等購入費・・180万円
  • 運転資金・・・・・・・180万円
  • 物件取得費+家賃・・・140万円

 

となります。

売れっ子スタイリスト
なんだか一気に現実的な数字になってきましたね…。お金かかるなぁ。

売れっ子スタイリスト
でもこれだけじゃ足りない気もします。。
足りないこともありますが、むしろ抑えることも可能です!

LiME

売れっ子スタイリスト
そうなんですか!?どうやって抑えるのか教えて欲しいです!

 

まずはじめに開業費用を抑えられるポイントとして“内装工事費”が挙げられます。目安としてはサロンの広さが1坪あたり40万円と言われているので、その数字を参考にすると15坪で600万円となります。

ですが、これはあくまでも目安であり、こだわらなければもっと抑えることも可能です。上を見ればキリがないので、無理なくその後も続けられるような開業資金に抑えられるよう調節すると良いでしょう。

 

居抜き物件でシャンプー台やセット面などがそのまま残っているパターンもありますので、居抜き物件はそれらの購入費と内装費をグッと抑えることができます

居抜き物件の内装工事費の目安は1坪あたり15万円ほどと言われているので、15坪で175万円となり、これだけでも通常物件の内装工事費と比べると、400万円以上のコストカットになっています。

売れっ子スタイリスト
おぉ!これは良いですね!!
ただ、このような物件はなかなか見つからないので長期的に諦めずに探し続けることが大切です。

LiME

売れっ子スタイリスト
そうですよね。。

売れっ子スタイリスト
では手持ち資金はいくら用意すれば良いですか?

 

必要な準備資金は全体にかかる費用のおよそ4分の1であることが多いです。

1000万円かかるのであれば250万円が自己資金となり、残り750万円を日本政策金融公庫の融資でまかなうか、家族や友人から借入をして日本政策金融公庫の融資額を抑える方法もあります。

売れっ子スタイリスト
なるほど!確かに家族だったら力を借りやすいですね。

ポイント

自己資金は開業資金の4分の1であることが多く、開業資金から逆算して算出すると良いでしょう!

 

年収相場はどれくらい?

A8EC23F1-81F1-44DA-89BB-67783C0C412B 2

美容室経営者の年収相場についてですが、今回は年収ではなく利益として手元に残る1年間の総額で考えていきます。

この場合は【ランニングコストがどれだけかかったか・融資の返済はどれくらいあるか・売上はどれくらいあるか】によって大きく変動します。

年間売上ー年間返済額ー年間ランニングコスト=年間利益

となり、

そこから税金を支払うことになります。

簡単な例を挙げてみます。※簡略化した計算なのでザックリとした参考程度にご覧ください!

LiME

 

例)

1人サロンで従業員なし・年間売上1000万円・年間返済額200万円・家賃や薬剤備品購入費などの年間ランニングコスト300万円だとすると、

年間利益は500万円となり、500万円に対して法人税が15%(=75万円)が発生し、手元に残るのは425万円となります。

 

売れっ子スタイリスト
思ったより手元に残らないんですね…。
では以下の場合でしたらいかがでしょうか。

LiME

 

例)

1人サロンで従業員なし・年間売上1000万円・年間返済額を完済するまでの期間を延ばして150万円・家賃や薬剤備品購入費などの年間ランニングコスト150万円だとすると、

年間利益は700万円となり、700万円に対して法人税が15%(=105万円)が発生し、手元に残るのは595万円となります。

 

経費を簡略化しているので実際の数字とは全く異なりますが、

なんとなくのイメージはつきましたでしょうか?

LiME

売れっ子スタイリスト
はい!本当に家賃と最初の開業資金を抑えるって大事なんですね。

それだけで返済額も変わりますし、返済ペースも無理なく調整して、家賃を抑えれば年間で手元に残る利益は大きく変わってきます

ポイント

お客様のために最高のお店を用意したい気持ちはとても共感なのですが、それをもってしてもランニングコストは抑えるべき。

 

開業するにあたって勉強すべきことは?

D100A143-8E90-42FE-9CDA-838D8AA0C35A

売れっ子スタイリスト
では他に勉強しておくべきことって何がありますでしょうか?
開業に関する基礎知識がついたら次は経営にまつわる知識が必要になってきます。

LiME
美容室経営は戦略にもよりますが、ただ売上を上げれば良いというだけではありません。

LiME
どのようにして安定した売上が成り立つのかという“背景”を構造的に考える必要があります。

LiME

売れっ子スタイリスト
なぜ背景が大事なのですか??
継続的に安定した売上を出すには【再現性】が重要になるためです。スタッフを雇うなら、なおさらです。

LiME

 

美容室経営に関する基礎知識

美容室経営において1人の売上に依存する(=売れっ子依存)状況はかなり危険と言えます。

なぜならその1人が辞めてしまったり、その1人の売上が低迷したときにサロンの経営状況まで低迷してしまうためです。

 

▼具体例(少し長くなります。興味なければスルーしてください!)

例えば

2人サロンでオーナー自身は少ししかサロンワークを行なっておらず、月の売上は30万円ほどで、サロンの家賃や人件費など諸々含めてランニングコストが月に80万円だとします。

 

もう1人の売れっ子スタイリストは月間売上が平均150万円でしたが月に70万円に低迷したとします。

となるとサロン全体の売上がオーナー自身の30万円とスタッフの70万円を合わせて100万円になります。

 

そこからランニングコストの80万円を差し引くと残り20万円となり、スタッフの売り上げに対して歩合20%を支払った場合、14万円が歩合給になるので

20万円から歩合給14万円を差し引いた6万円がオーナーの利益となります。

 

赤字ではないですが、月6万円で生活を続けるのは難しい方も多いのではないでしょうか。

LiME

売れっ子スタイリスト
確かにこの状況は精神的にもキツいですね。。

売れっ子スタイリスト
ということはたくさん人を雇って安定させた方が良いのでしょうか?
これが難しいところで、、

LiME
一概には言えませんが、月400万円売り上げるスタイリスト1人よりも、月80万円売り上げるスタイリスト5人の方が経営は安定しやすくなります。

LiME

売れっ子スタイリスト
なぜですか?人が多い方が大変な気がするのですが…!

これは本当によくある話なのですが、たった一人の売れっ子スタイリストが辞めるとなった時に問題が深刻化します。

400万円の売上を持つスタッフが辞めるとなると、当然お店の売上も400万円下がることになります。

では80万円の売上を持つスタッフが5人いたらどうでしょう?

1人辞めた時に失う売上は80万円で、残り4人分の320万円は残ります。

売れっ子スタイリスト
なんだか聞いたことのある話ですね…。
はい。そしてこれは実際に今でも頻繁に起こっています。

LiME

売れっ子が辞めたあとに縮小移転、閉店。残酷ですが、その道を選んだのは紛れもなくオーナー様自身です。

ポイント

1人の売れっ子に頼るのは危険!そして売れっ子は大抵の場合、独立します。

1人の400万円を目指すよりも、5人合わせて400万円を目指しましょう。

 

\潰れない経営、あります/

 

初めての法人。何が変わるの?

何が変わるかは会社員から独立して会社を設立する場合と個人事業主から法人成りする場合で大きく異なります。

個人事業主から法人成りの変化はまだしも、会社員を辞めて自分の会社を持つとなると、ほとんど全てが変わってきます。

 

全部書くとキリがないので目立った変化をわかりやすく説明させていただきます!

LiME

 

まず、税金の支払いを自分で行う必要があります。

会社員の場合は毎月のお給料から源泉徴収税が引かれることで、自分で税金を納付する必要はなかったのですが、

法人となると税金の計算も複雑で自分でやるには少し難しく、税理士に依頼する場合も多くなってきます。

 

他にも経費や役員報酬という概念が出てくるようになります。

これまでは毎月のお給料と生活費でのやりくりでしたが、

会社を設立すると経費という概念が追加され、売上に対する経費、役員報酬(会社から社長であるあなたへのお給料→自由に使って良いお金)、それらを踏まえて税金がいくら発生するのか、などなど…

新たな考え方が複数必要になってきます。

詳しくは調べるか税理士さんに相談してみてください。

LiME

ポイント

1人でやっても問題ないのですが、多くの場合、税理士さんに依頼することになります。月額も1万円あたりからとそこまで高額ではないので検討すると良いですよ。

 

独立前に売上がいくらあれば安全な経営ができる?

売れっ子スタイリスト
自分のお店を持つ時って、どれくらい売上があれば良いのでしょうか?
売上もそうですが、それより大事なのは家賃など毎月のコストを抑えることです!

LiME
毎月のコストが売上の50%を超えてくると、自転車操業になりやすくなってしまいます。

LiME

自転車操業とは

《自転車は走るのをやめれば倒れてしまうところから》資金の借り入れと返済を繰り返しながらかろうじて操業を続けること。また、そのような経営状態。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp

売れっ子スタイリスト
月間売上が平均120万円あるので50%なら大丈夫な気がするのですが…。
50%を超えると、今回のコロナ禍のような予測不能な事態に耐えきれず、倒産するリスクが高まってしまいます

LiME

 

月の売上が120万円で毎月のコストが60万円の場合、手元に60万円が残りますが、そこから生活費が発生して、娯楽もたまに楽しんで、

月に10〜20万円は残るとします。

たまに高い買い物をしたりして貯金できない月も出てきたとします。

その状態でコロナ禍のような予測不可能な事態に陥り、毎月30万円の赤字が半年間続くようになったら…180万円の赤字になります。

こういった予測不能な事態にも耐え切れるように、自転車操業を避けるだけでなく、毎月のコストは最低限に抑える必要があります。

売上は努力次第で大きく変わりますが、そこが断たれた時、毎月のコストは努力だけで大きく変えることはできません。

 

“今は大丈夫”ではなく、“長期的に見て大丈夫”を目指したコストバランスを心がけましょう!

LiME

ポイント

大事なのは売上だけでなく、売上に対するランニングコストのバランスが大切!資金ショートが起こりにくいようにお金の流れを組み立てましょう。

 

売上以外にどこを見ればいいの?

売れっ子スタイリスト
では売上と毎月のコスト以外にどこを見れば良いのでしょうか?
そこからはあなたの事業計画次第となります。

LiME
店舗展開するのか、はたまた1店舗のまま規模を拡大して人を雇うのか。などなど選択肢はいくらでもあります。

LiME

売れっ子スタイリスト
1人でやるのが体力的にキツく感じてきたので、人を雇うことは視野に入れてます!
そうなると評価制度を作り込むことが重要になってきます。

LiME

売れっ子スタイリスト
というと…?

まず初めにお伝えしたいのは、【売上は“結果”に過ぎない】ということ。

美容師として売上を上げるということは大変重要なことですが、

人の売上を上げるためには“どうやって売上を上げるか?”という【過程】が重要になってきます。

そして過程が明確な場合の結果はほかの人でも再現しやすくなります

 

売上だけを評価対象にすると、「あの人は売上が高いから偉い!」と結果が出てから評価されることになりますが、

過程を評価対象にしていると「あの人は過程に忠実だから確実に結果が出るし、すでに伸び始めている!」と、結果が出る前から評価をすることができます

 

売れっ子スタイリスト
その“過程”って具体的になんですか?

 

▼HPに書けないこと

こういった記事を書いていると、

「じゃあ何を見れば良いのですか?」

「売上を確実に伸ばす“再現性”ってなんですか?」

「どういった仕組みで人を育てて上手な経営ができるんですか?」

と聞かれることが多々あります。

 

弊社では弊社なりの【解】があり、LiME(ライム)という美容室経営最適化サービスを提供しておりますが、その解をここに書くと皆さんのライバルが増え過ぎてしまいます

 

もし本気でお悩みであれば、弊社に直接お問合せください。

現代の美容室経営にはどういった問題点があって、

どういった“仕組み”で経営を最適化できるのか、ご理解いただけます。

 

\“勝てる土俵で戦う”経営最適化ツール/

 

大手集客サイト依存に注意

このメディアでは口を酸っぱくして何度も説明させていただいておりますが、大手集客サイトの新規集客力は諸刃の剣です。

今まで何度も大手集客サイトでの新規集客のために価格競争を強いられ、経営がむしばまれてしまう状態を見てきました。

新規集客力はとてつもなく、可能性を感じさせてくれますが、

大手集客サイトの決定的な弱点は失客率の高さです。

 

新規のお客様ばかりの美容室経営と、既存顧客ばかりの美容室経営。どちらでありたいか、明らかに後者の方が理想的ではないでしょうか。

 

大手集客サイトは一度依存するとなかなか抜け出せなくなります。それについては過去に分かりやすく解説していますので、興味ありましたら一度目を通してみてください。

 

▼大手集客サイトの【闇】と解決策について

美容院経営で脱ホットペッパーするために必要な3ステップ

 

事業計画が肝!

B1537798-2197-4D40-AC86-5286A3430A0F

美容室経営は事業計画が重要視される機会が少なく、

売上頼りの経営になりがちですが、最近は他業種で成功しているプロの経営者が美容室経営に参入してきています

そこのやり方と1人サロン体制で戦うのは賢明ではありません。

 

大企業には大企業の闘い方があり、中小企業には中小企業の戦いがあり、一人には一人の闘い方があります。

“勝てる土俵で勝つべくして勝つ”そんな経営を私たちLiME(ライム)は応援しております。

 

大事なのはプロの経営者のやり方を上回る事業計画ではなく、

プロの経営者と争わない、別路線での戦略を立てることです。

そのためにも“どのような事業計画を持ってして経営するのか”が大変重要となります。

 

ここにヒントを書いても今この記事をお読みいただいている皆様の競合他社を増やすだけなので、ここでは控えさせていただき、直接でのみお伝えさせていただいております。都心部から遠方の方はzoomでも対応しておりますのでご安心ください。

 

特にオーナー兼スタイリスト様(現場でも働かれている方)は弊社サービスとの相性が抜群に良いです。

・1人サロンで困ってはないけどもっと上を目指したい

・経営がマンネリしてきてもっと挑戦したい

・インスタグラム集客がうまくいかず困っている

・結局大手集客サイトに頼ってしまっている

そんなオーナー様やこれから開業をお考えの方はぜひご相談ください。

 

正直なところ…

美容室経営は厳しい世界と言われていますが、一部の“やり方”が激戦化しているだけで、

“勝てる土俵”はまだまだ残っています。

これに関しては正直、早いもの勝ちの世界

ここに書くと広まりすぎてしまいますので、案内時にお伝えさせていただきます。

 

今がチャンスです。

絶対に問い合わせるべきとは言いませんが、お勧めします。

 

  • ・LiMEの活用方法についてわかる!
  • ・予約機能の使い方についてわかる!
  • ・いつでも気軽に相談できる!

さっそくつかってみよう!

LiMEは初めて使うときでもとっても簡単、
登録無しでお試しできます。

app-badge
【推奨環境】
OS:iOS12.0以降
端末:iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 6 / iPhone 6 Plus /
iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 7 /iPhone 7 Plus /
iPhone SE / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X /
iPhone XR / iPhone XS / iPhone XS Max /
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max /
無料
ご案内

サロン導入のご案内/申込フォーム

お申し込み後、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

LiMEのことが一目でわかる

パンフレット
無料プレゼント!

Start typing and press Enter to search