【美容室開業】自己資金は何円あればOK?費用を抑えるには? | 美容室の顧客管理ならLiME(ライム)

【美容室開業】自己資金は何円あればOK?費用を抑えるには?

美容室の開業資金はどれくらい必要?

E279DCBE-D7DA-4B22-9099-A3BA40F79FE3 2

ネットで調べると一般的には1000万円〜2000万円といった情報が多く目につき、内訳としては

  • 内装、外装工事費・・・50%
  • 什器、備品等購入費・・18%
  • 運転資金・・・・・・・18%
  • 物件取得費+家賃・・・14%

 

くらいになっていることが多く、

仮に費用が1000万円だとするとそれぞれ

  • 内装、外装工事費・・・500万円
  • 什器、備品等購入費・・180万円
  • 運転資金・・・・・・・180万円
  • 物件取得費+家賃・・・140万円

 

となります。

売れっ子スタイリスト
なんだか一気に現実的な数字になってきましたね…。お金かかるなぁ。

売れっ子スタイリスト
でもこれだけじゃ足りない気もします。。
足りないこともありますが、むしろ抑えることも可能です!

LiME

売れっ子スタイリスト
そうなんですか!?どうやって抑えるのか教えて欲しいです!

 

まずはじめに開業費用を抑えられるポイントとして“内装工事費”が挙げられます。目安としてはサロンの広さが1坪あたり40万円と言われているので、その数字を参考にすると15坪で600万円となります。

ですが、これはあくまでも目安であり、こだわらなければもっと抑えることも可能です。上を見ればキリがないので、無理なくその後も続けられるような開業資金に抑えられるよう調節すると良いでしょう。

 

居抜き物件でシャンプー台やセット面などがそのまま残っているパターンもありますので、居抜き物件はそれらの購入費と内装費をグッと抑えることができます

居抜き物件の内装工事費の目安は1坪あたり15万円ほどと言われているので、15坪で175万円となり、これだけでも通常物件の内装工事費と比べると、400万円以上のコストカットになっています。

スタイリスト
おぉ!これは良いですね!!
ただ、このような物件はなかなか見つからないので長期的に諦めずに探し続けることが大切です。

LiME

スタイリスト
そうですよね。。

スタイリスト
では手持ち資金はいくら用意すれば良いですか?

 

自己資金はどれくらい必要になるの?

必要な準備資金は全体にかかる費用のおよそ4分の1であることが多いです。

1000万円かかるのであれば250万円が自己資金となり、

残り750万円を日本政策金融公庫の融資でまかなうか、家族や友人から借入をして日本政策金融公庫の融資額を抑える方法もあります。

スタイリスト
なるほど!確かに家族だったら力を借りやすいですね。

ポイント

自己資金は開業資金の4分の1であることが多く、開業資金から逆算して算出すると良いでしょう!

スタイリスト
でも250万円も貯金するのかー。まだ先になりそうです。。

 

▼出店費用を抑えたい!

【美容室開業】自己資金は何円あればOK?費用を抑えるには?

 

開業費用の内訳はどうなってるの?

必要な費用の内訳は大きく7つに分かれます。

7つの費用

  • 物件取得費
  • 内装工事費
  • 什器等購入費
  • 設備購入費
  • 材料費
  • 運転資金
  • 広告費

スタイリスト
結構あるんですね。確かにお金かかりそう。。
一つずつわかりやすく説明していきますね!

LiME

 

物件取得費

テナントを借りて開業することを想定した場合の金額感をお伝えします。

物件取得費用には以下の項目で費用が発生してきます。数字はあくまでも目安値なので、参考程度にご覧いただければと思います。

・前家賃 … 家賃1ヶ月分
・店舗保証金(敷金) … 家賃3〜12ヶ月分
・礼金 … 家賃1~2ヶ月分
・仲介手数料 … 家賃1ヶ月分

例えば東京で家賃30万の物件を取得する場合、約180〜480万円が物件取得費用となり、

実際の数字は以下となります。

・前家賃 … 30万円
・店舗保証金 … 30万円  ×  3〜12ヶ月分  =  90〜360万円
(※店舗保証金は、駅前や商店街など集客しやすい人気な物件ほど高くなります)
・礼金 … 30~60万円
・仲介手数料 … 30万円

店舗の広さや立地だけでなく、物件によっては価格交渉も可能ですので

積極的に価格交渉を行って開業資金を少しでも安く抑えると良いでしょう。

 

内装工事費

開業資金のうち半分近くを内装工事に費やすことが多いと言われていますが、こだわればこだわるほどお金がかかるので、

空調・換気・水圧・電気などのインフラ面に費用を回し、内装をおしゃれにするための資金は極力抑えることが理想であると言えます。

美容室は内装工事費用の約50%を上記に加えてガスなどのインフラを整えるための工事費が占めると言われています。

依頼する工事業者によっても費用は大きく変わってきますので、複数社に見積もりをお願いしてなるべく安くて信頼できるところにお願いすると良いでしょう。

居抜き物件であれば以前の美容室の設備をそのまま使えるため、工事費用を大幅に抑えることが可能なので、最もおすすめです。

注意点としては経過年数が長いと設備が古くなっている可能性が高いので、入念な事前確認が必要です。

そして何よりのデメリットは

“なかなか見つからない”という点にあります。

探してたエリアで探してた広さの居抜き物件があった!なんていう奇跡的な出会いはそうそうありません。

長期的にリサーチを続け、希望の物件に出会えたら即座にアポを取るなど、長期的に最新の物件情報に張りつくことをお勧めします。

 

什器等購入費

美容室に欠かせない大型什器は、費用に占める割合が大きいです。

・お客様用のチェア
・シャンプー台
・鏡
・トリートメントやパーマなどの専用機材
この辺りは特にお金がかかります。

中古で販売されていたりリース(貸出サービス)もありますのでそちらを検討することも一つの手でしょう。

 

設備購入費

地味に見逃しがちなのですが、

・レジ
・パソコン
・洗濯機
・電話
・ワゴン
・ドライヤー
・待合室用のチェア、テーブルなど

などの購入費も準備する必要があります。

レジは最近だとiPadなどを使用した決済システムで簡易的な現金管理ができますが、

人を雇うとなると現金の管理は特に注意する必要があります。

 

材料費

言わずと知れたカラー剤やパーマ剤、シャンプートリートメントなどの購入費です。

費用に占める割合はそこまで大きくなりませんが、

例えば豊富なラインナップのシャンプートリートメントを店舗販売で用意するとなれば話は別になってきます。

予算と相談して優先順位の高い材料から購入していくと良いでしょう。

 

運転資金

運転資金は必ず余裕を持って用意しておきましょう。

・毎月の家賃、水道光熱費
・人を雇うのであれば給与
・集客、求人のための宣伝広告費
・予約管理システムなどの月額利用料

これらはほとんどの場合、毎月かかってくる経費です。

それだけでなく、エアコンの清掃業者代や什器類不具合時の点検修理代、壊れたドライヤーの買い替えなど、予想だにしないところから細かな出費が発生します。

美容室事業は軌道に乗るまで早くても6カ月はかかるという声が多く、安心して経営するには最低でも1年分の運転資金を用意しておきたいところです。

少額の自己資金で借入せずに美容室をオープンした場合、多くのオーナー様がこの運転資金に焦りを感じます。

少しでも精神的な余裕を持って経営ができるように、運転資金は多く用意することをお勧めいたします。

 

広告費

美容室開業においてはオープン前の宣伝を活用することでその後のスタートダッシュを大きく左右します。

すでにたくさんの顧客様を持たれており、特に集客には困っていないと言うのであれば話は別ですが、

そうでない場合はオープン前の宣伝はしっかり行いましょう。

意外にも「新しく良い感じの美容室がオープンするらしいよ」と周辺にお住まいの方の間で話のタネになることもあります。

・美容室のウェブサイトの作成、ウェブ広告
・チラシの作成
・予約システムへの登録

このあたりは広告を開始するにあたって欠かさず用意しておきましょう。

チラシのポスティングを業者に任せるも良し、自分で足を運んでポスティングするも良し。

ありとあらゆる手段で“お店を知ってもらい、来てもらう”施策を考えましょう。

 

▼美容室開業に関するもっと詳しい情報はこちら

美容室開業で失敗しない!資金や年収•勉強すべきことは?

 

失敗しない美容室経営を実現するにはLiME

美容室開業にかかる資金はなんとなく全貌をご理解いただけましたでしょうか?

美容室は3年以内に90%が廃業すると言われる厳しい世界です。

【予約管理&受付・経営状況の見える化・顧客カルテweb管理・レジ機能・LINE予約システムなどなど】

美容室経営においてもっとも避けたい“失敗”を防ぐための、全てのサービスがLiMEにあります。そして現在進行形でまだまだ役に立つ機能を開発しております。

 

大手集客サイトを利用した美容室の開業をお考えの方はこの記事を一度ご覧ください。

 

美容院経営で脱ホットペッパーするために必要な3ステップ

美容院経営で脱ホットペッパーするために必要な3ステップ

 

\今話題のLINE予約“システム”無料体験できます/

  • ・LiMEの活用方法についてわかる!
  • ・予約機能の使い方についてわかる!
  • ・いつでも気軽に相談できる!

さっそくつかってみよう!

LiMEは初めて使うときでもとっても簡単、
登録無しでお試しできます。

app-badge
【推奨環境】
OS:iOS12.0以降
端末:iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 6 / iPhone 6 Plus /
iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 7 /iPhone 7 Plus /
iPhone SE / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X /
iPhone XR / iPhone XS / iPhone XS Max /
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max /
無料
ご案内

サロン導入のご案内/申込フォーム

お申し込み後、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

LiMEのことが一目でわかる

パンフレット
無料プレゼント!

Start typing and press Enter to search