美容室開業の準備に必要なものとは?手続きや資金も解説 | 美容室の顧客管理ならLiME(ライム)

美容室開業の全てがわかる!資金や流れ・失敗しやすいポイントは?

この記事はこんな方におすすめ

・美容室の開業を検討している

・まずは美容室開業の全体像を把握したい

・将来に向けて勉強しておきたい

この記事でわかること

・開業後に失敗しないためのポイント

・必要な資金と融資について

・効率的に開業するための手順や手続き

 

美容室は開業して3年で9割が廃業する

美容室 廃業

残酷ですが、事実として新たに開業した美容室のおよそ9割が3年以内に廃業しています。

開業する際は多くの美容師さんが毎月安定的に高い売り上げを出し続けています。そんな安定した状態で開業するのに、

なぜ多くの美容室が廃業に追い込まれてしまうのでしょうか?

 

【余談】美容室開業は大手集客サイト依存に失敗の原因あり

ホットペッパービューティー 辞めたい

 

▼深堀りするので興味なければ飛ばしてください!

 

このメディアでは口を酸っぱくして何度も説明させていただいておりますが、大手集客サイトの新規集客力は諸刃の剣です。

今まで何度も大手集客サイトでの新規集客のために価格競争を強いられ、経営がむしばまれてしまう状態を見てきました。

新規集客力はとてつもなく、可能性を感じさせてくれますが、

大手集客サイトの決定的な弱点は失客率の高さです。

 

新規のお客様ばかりの美容室経営と、既存顧客ばかりの美容室経営。どちらでありたいか、明らかに後者の方が理想的ではないでしょうか。

 

なぜ大手集客サイトが危険なのか?

大手集客サイトには莫大な集客力がありますが、膨大な失客力もあわせ持っています。

 

スタイリスト
どういうことですか?
手集客サイトの使命は「集客」であって「リピート」ではありません。

LiME

 

大手集客サイトは“集客力”を提供し、さまざまなサロンから対価として掲載料をもらっています。

なので、サロンは集客力を実際に感じることができたら満足してくれます。

 

ですが

 

日本の人口は限られています。

大手集客サイトのユーザー100人がいたとして、100人とも集客サイトを介して美容室を予約したとします。

その際、大手集客サイトは100人の集客に寄与したと言えます。

 

ではどうでしょう、、?

 

うち90人がどこかのサロンを気に入って常連になったとします。

 

サロンが定着していないのは残り10人で、10人全員が新たに美容室を予約したとすると、

大手集客サイトの集客者数は100人から10人に減ったことになります。

 

これでは集客サイトは商売になりません。

ではどうするべきか?

 

リピートさせない仕組みを作れば集客力を保つことができます。

 

もう一度言います。

 

リピートさせない仕組みを作れば、集客サイトは半永久的に集客力を保つことができるんです。

 

ホットペッパービューティー 辞めたい

 

大手集客サイトは新規でお客様を呼んで、その後リピートさせないようにアプローチをしています

もちろん表立ってそのようなことはしていません。

お客様に「こんな素敵なサロンもありますよ!」と他のサロンの情報を流しているわけです。

 

ですが、そこに出てくる美容室は、高い広告費を払うことで表示してもらっていて、

お客さまに支持されているから表示されるわけではないのです。

 

▼ここで詳しく解説しています!

もしHPBを利用されているのであれば、知っておいた方が良い事がいくつか書かれていますのでぜひ。

 

よくある美容室開業の失敗ポイント

美容室の開業で失敗するポイントで特に多いのが、内装費など、

自分のお店にこだわりすぎて初期費用が高すぎたパターンです。

 

次によくあるのが価格設定ミス

あなたの近所にオープンしたカフェがコーヒー1杯1000円で、お客様が一向に入る気配がなく、

気がついた頃には600円に下がっていたら、、あなたはそのカフェに通いたいと思いますか?

 

「あそこ、潰れそうだな。。」

 

と、マイナスのイメージを持ちませんか?

強気な価格設定でうまくいかず、価格を下げるとなるとイメージダウンにもつながります。

価格設定は周りの相場もよく見て慎重に決めましょう。

 

美容室を開業する前に知っておくべきこと

美容室の開業なら

 

美容師として売上がついていき、資金も溜まってくると“独立”を考えるときがやってくるのはよくある話ですが、

美容師免許があれば開業できると思い込んでいる方が多いのもまた事実です。

免許があるだけではお店を持つことはできず、自分のお店を持って独立するためには様々な手続きや入念な事業計画が欠かせません。

 

場合によって管理美容師の資格が必要

管理美容師

スタッフを雇用して複数人で経営をする場合は管理美容師の免許が必要になりますので注意が必要です。

管理美容師免許を取得するため必要な条件は2つ。

管理美容師になれる条件

  • 美容師免許取得後3年以上の実務経験
  • 各都道府県で実施している講習会を受講

上記2つの条件を満たす必要があります。

 

美容室開業の手続きや必要な資金は?

美容室 開業 資金

スタイリスト
でも実際に開業までの手続きって何が必要なんだろう?

スタイリスト
いくつか知ってるけど順序までは把握できてないなぁ。
決まった順序はないですが、

LiME
以下の流れですと比較的スムーズに開業の手続きが行えます!

LiME

 

開業までの流れは8ステップ!

美容室 開業 流れ

step
1
事業計画を作る

事業計画は、今考えているビシネス設計を明確に“見える化”して方向性を共有するためのものというだけでなく、

不足している金額を補うための融資を受ける際の説得材料として

「どのような事業を何のために進めようとしているのか」

「この事業によって何ができるか」

を伝えることができ、大変重要な役割を果たします。

 

具体的には、【開業の動機やオープン予定サロンのコンセプト、どのようなサービスを提供するか、薬剤などの仕入先、開業後の売上の見込みやいつまでに黒字化する予定なのか】といった情報を明記しましょう。

 

2022年12月末まで!無料配布/

 

step
2
物件を見つける

コンセプトや狙うべきお客様の層などが固まってくれば、実際に店舗を構えるための物件探しが始まります。

売れっ子スタイリスト
どうやって探せば良いのでしょうか?
コンセプトと狙っているお客様の層にふさわしい店舗を探していくとスムーズに候補地を挙げることができます。

LiME

売れっ子スタイリスト
というと…?

 

まずはネット検索でいろんなエリアの情報を調べて、気に入ったエリアの物件情報をネット検索でしっかりとリサーチすることから始め、

ある程度の物件をピックアップすることができたら実際に足を運んで下見を行っていきましょう

 

ついでに実際に周辺を練り歩くことで思わぬ物件と運命の出会いを果たすこともあります

ネットだけで探すのではなく、実際に歩きながら探すことで、そのエリアの雰囲気や歩いている人のテイストなど、五感を通じた物件探しをすることができます。

 

売れっ子スタイリスト
なるほど。。確かにネットだけで見るよりも、実際に足を運んで周辺を散策した方が良さそうですね。

 

 

step
3
資金調達(自己資金のみの場合は不要)

事業計画や物件などがある程度定まれば、何を買う必要があるのか・物件の取得にいくら必要なのかなど、開業に必要な資金が見えてきます。

それだけでなく、開業後にも毎月の家賃や材料費や水道光熱費など、細々と積み重なるコストが発生してきます。

それらを事前にメモやノートに書き出し、どのようなお金の流れ・出費になるのかを事前に想定しておくことが重要です。

 

必要な金額がわかったら、次は資金調達方法についてです。

LiME

 

日本政策金融公庫総合研究所のページが参考になるので掲載させていただきます。

LiME

2019年度新規開業実態調査|日本政策金融公庫総合研究所

 

 

step
4
店舗の工事

店舗の工事を行う際は、事前に考えておいたサロンのコンセプトや具体的なデザインとなるべく一致するような内装に仕上げられるよう、業者の方と相談することが大切です。

 

ですが…

 

内装はこだわればこだわるほど費用がかさむので、工事で作るというよりかは、極力シンプルな内装で、小物などを活用しておしゃれな空間を演出するとグッと費用を抑えられます。

 

LiME
ここで重要なポイントがあります。

 

工事については換気設備や消毒設備など、保健所や消防署の規定をクリアしなければお店をオープンすることができません。

工事を始める前に基準についてはよく確認しておき、工事業者に確認しながら施工を進めましょう。

 

 

step
5
人材採用

サロンの規模感によっては人材の採用が必要になってきます。

人材確保の方法としては人材紹介系のウェブ媒体を利用して求人を掲載する方法などがありますが、そういった経路での採用には費用が発生します。

ほとんどの人材紹介会社(エージェント)では、美容師の場合1人あたり約30万円の報酬を設定しています。

 

もし、人材の確保を全て自分で行いたいというのであれば、専門学校に自ら足を運んで営業に行ってみるという方法もあります。

他にもSNSを利用されているのであれば求人広告を打って問い合わせを獲得する方法など、多岐に渡ります。

焦らず、よく見極めて慎重な採用を心がけましょう。

 

step
6
保健所・消防署での手続き

営業の許可を得るために以下の書類を保健所に提出する必要があります。

保健所への提出物

  • 開設届
  • 構造設備の概要
  • 施設の平面図
  • 従業者名簿
  • 医師の診断書

許可を得るためには様々な条件を揃えておかなければなりません。

備品の材質など、細部まで確認されることになり、引っ掛かれば修正しなければ営業の許可は降りません。

ほかにも消防署の消防検査を受ける必要があります。

 

 

step
7
あともう少し!税務署で開業届の提出

美容室として開業するためには開設届を税務署に提出することが必要ですが、こちらは開業前に必ず出す必要のあるものではなく、

基本的に開業後1~2ヶ月以内に、開業届等の書類を税務署に提出する必要があります。

提出が必要になることが多い書類は以下の通りになります。

  • 個人事業の開廃業等届出書(開業届)
  • 青色申告承認申請書(青色申告する場合)
  • 給与支払事務所等の開設届出書(従業員を雇う場合)
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(従業員を雇う場合)
  • 所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書

提出する書類は開店する従業員がいるかどうかでも変わってくるため、詳しくは税務署に問い合わせるとよいでしょう。

 

国税庁のページが参考になりますので以下に掲載させていただきます。

LiME

新たに事業を始めたときの届出など|国税庁

 

 

step
8
ラスト!労働保険関連の届出

従業員を雇用する場合や法人を設立している場合は、雇用後や開業後に年金事務所やハローワーク、労働基準監督署にも届出が必要になります。

美容室の開業には多くのステップがあり、税務や労務周りの手続きはデスクワークの機会が少ない美容師にとって、ハードルが高く感じるかもしれません。

どこに依頼するかで迷う場合には、美容室の開業は少し特殊ですので、美容室の開業支援の経験があるかどうかを基準に選ぶことをお勧めします。

 

2022年12月末まで!無料配布/

 

美容室の開業資金はどれくらい必要?

美容室 開業 資金

スタイリスト
手順はなんとなくわかったけど、

スタイリスト
自己資金はいくら貯めれば良いんだろう?
必要な自己資金の求め方はさほど難しくないので、

LiME
分かりやすく説明しますね!

LiME

ネットで調べると一般的には1000万円〜2000万円といった情報が多く目につき、内訳としては

  • 内装、外装工事費・・・50%
  • 什器、備品等購入費・・18%
  • 運転資金・・・・・・・18%
  • 物件取得費+家賃・・・14%

 

くらいになっていることが多く、

仮に費用が1000万円だとするとそれぞれ

  • 内装、外装工事費・・・500万円
  • 什器、備品等購入費・・180万円
  • 運転資金・・・・・・・180万円
  • 物件取得費+家賃・・・140万円

となります。

 

開業費用は内装工事費を抑えることから

まずはじめに開業費用を抑えられるポイントとして“内装工事費”が挙げられます。

上を見ればキリがないので、無理なくその後も続けられるような開業資金に抑えられるよう調節すると良いでしょう。

 

居抜き物件でシャンプー台やセット面などがそのまま残っているパターンもありますので、居抜き物件はそれらの購入費と内装費をグッと抑えることができます

 

必要な準備資金は全体にかかる費用のおよそ4分の1であることが多いです。

1000万円かかるのであれば250万円が自己資金となり、

残り750万円を日本政策金融公庫の融資でまかなうか、家族や友人から借入をして日本政策金融公庫の融資額を抑える方法もあります。

 

ポイント

自己資金は開業資金の4分の1であることが多く、開業資金から逆算して算出すると良いでしょう!

 

開業資金を抑える方法はこちらで詳しく解説してます!

 

助成金や補助金の活用もおすすめ

開業費用を抑えるには助成金や補助金の活用も有効になってきます。

スタイリスト
どんな助成金や補助金があるんですか!?

これらの助成金や補助金が活用できますが、実際に全てを活用するのは非現実的です。

必要に応じて活用できるものを活用しましょう。

 

スタイリスト
小規模で開業予定なのですが、

スタイリスト
私の場合はどれが使えますか?
こちらのページにお進みください!

LiME

 

助成金・補助金はこちらで詳しく解説してます!

 

 

廃業にならないために、あなたが出来ること

目まぐるしい速さで進歩するこの業界。

その時は最新の経営手法だったとしても、

少し立ち止まっている間に時代の波に置いていかれ、

気がつけば時代遅れの経営手法になっていることがザラにあります。

 

雑誌の時代があり、大手集客サイトの時代があり、Instagramの時代があり、、

高単価を目指す時代があり。。

 

古い経営手法、辞めましょう。

カルテを探す無駄な時間。

ダブルブッキングが起こりやすい手書きの予約表。

給与計算のための手書きメモと電卓。

 

ご存知の通り、

“紙”の時代は終わりました。

小さなサロンでも時代に置いていかれない。

売上がブレない安定したサロン経営。

そんな経営の仕方、学びませんか?

 

▼こちらで詳しく解説してます!

 

 

LiME
無料マニュアルもぜひ期間中にお受け取りくださいませ!

2022年12月末まで!無料配布/

 

無料
ご案内
下記のフォームに入力をお願いいたします。

 

サービス資料ダウンロード
機能一覧
料金に
ついて
システムの
特徴

    お名前*

    サロン名*

    メールアドレス* メール宛てに資料をお送りいたします
    必ずご自身で受信できるものをご入力ください。

    携帯電話番号* 携帯電話番号宛てに資料をお送りいたします
    必ずご自身で受信できるものをご入力ください。

    サロンオーナー様ですか?*
    メール宛て/携帯電話番号(SMS)宛てに資料をお送りします

    • ・LiMEの活用方法についてわかる!
    • ・予約機能の使い方についてわかる!
    • ・いつでも気軽に相談できる!

    さっそくつかってみよう!

    LiMEは初めて使うときでもとっても簡単、
    登録無しでお試しできます。

    app-badge
    【推奨環境】
    OS:iOS12.0以降
    端末:iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 6 / iPhone 6 Plus /
    iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 7 /iPhone 7 Plus /
    iPhone SE / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X /
    iPhone XR / iPhone XS / iPhone XS Max /
    iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max /
    無料
    ご案内

    サロン導入のご案内/申込フォーム

    お申し込み後、2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

    LiMEのことが一目でわかる

    パンフレット
    無料プレゼント!

    Start typing and press Enter to search