顧客カルテは誰のもの?スタイリストが自分の顧客情報を守る

独立時の「カルテ持ち出し問題」の解決策を、前回ご紹介させていただきました!

参照 : 顧客カルテの持ち出しを防ぐ便利な機能!

今回は逆に、スタイリストが自分で集めた顧客データをサロンのものにされたくない場合の対策をお話します。

スタイリストのモノにしておける

スタイリストがサロンに持ち込んだ顧客データは、すべてサロンのものになってしまうのでしょうか?
 

スクリーンショット 2017-12-20 12.35.14
 

ご安心ください!
 

『LiMEsalon』との連携時に、オーナー側で「スタイリストのデータのままにします」を選択すると、スタイリストが持っている顧客データが同期されることはありません。
 

スクリーンショット 2017-12-20 12.36.03
 

スタイリストの顧客データは、そのままスタイリストのものとしてLiMEアプリ内でのみ保管されます。

サロンに勤めるときに、スタイリストが持ち込んだ顧客データの所有権は明確にしておきましょう!

まとめ

スタイリストが自分で集めた顧客データをサロンのものにされたくない場合、

『LiME Salon』との連携時に「スタイリストのデータのままにする」を選択すると、顧客データが同期されることはありません。

ぜひこの便利な機能をお試しあれ!

□ LiMEsalonの詳細ページはこちら!
http://limehair.jp/salon/




LiMEを使うユーザー同士で
「便利な機能」や「使ってみた体験談」などを
自由に投稿し合える、
Facebookグループがスタートしました!